フリープランの注意点

以上、フリープランの3タイプについて説明しましたが、SI型も良いことだけではありません。間取りや水回りを自由に配置できるということは、両隣・上下階とも自由な間取りになっているということですから、自分の寝室の上や隣に浴室やトイレがきたり、リビングの上に子供部屋がきたりするなど、騒音や震動などの問題が発生し、自分自身が被害者や加害者になる可能性があるのです。https://francois-baglin.com/free-plan-of-apartment/notes-on-free-plan/

コメント

非公開コメント